>
>
設置までの流れ

 

 

憧れの薪ストーブライフをはじめるまでのステップ

 

 

薪ストーブライフと共に長いお付き合いをしていくパートナー

 

 

さんたんは、ダッチウエストをはじめ、

 

 

各薪ストーブを
販売から取付工事メンテナンスまで一貫して行っております。

 

 

 

①薪ストーブを知る・相談する

 どんなとこでも最初の一歩を踏み出すときは、迷いや不安はつきものです。【家のなかの焚き火】のイメージの薪ストーブですので、疑問や不安もあると思います。 

だからこそ、実際にストーブを見て、触れて、体験できる、当社へお越し下さい。
当社が取り扱っている薪ストーブは、どれも燃焼効率が良く、排気もクリーン。新築じゃなくても設置できる場合がほとんどですので、疑問や不安なことも、どんどん質問を。実際に操作を体験してみるのもおすすめです。

格安だからと安易にインターネットで購入するのは、トラブルのもと。ご自身の目で見極め、納得の購入することをおすすめします。

また、お客様が想い描いているイメージやご要望、ご使用環境などに合わせて、最適なご提案を致します。機種選び、配置のプランニング、メンテナンス、薪の購入方法など不安な点や疑問など、専門スタッフに何でもお気軽にご相談ください。

また、ショールームにて薪ストーブを多数展示しておりますので、ぜひ実物をご覧になってください

また、地域によっては補助金制度が整備されている場合もありますので、スタッフにお聞きください

  

②下見・打ち合わせ  

希望の機種が決まったら、最適な設置場所の割り出し、煙突のプランニングです。

設置する場所の下見や図面を確認して、どのような工事が必要か確認します。

薪ストーブが正常に燃焼するかどうかは、煙突のプラン次第。住宅の構造、間取りによって、煙突の出し方や高さが決まり、薪ストーブの配置場所が決まります。また、炉台のスペースも確保する必要があります。新築やリフォームと同時に薪ストーブを設置するのであれば、住宅工事の計画段階から相談してください。

 ★可能な限りご希望の機種の実演見学も実施いたします。(当社のオーナー様宅へ)※要予約必須

 

 

③工事プラン・設計

炉台・炉壁のデザインも含め、経験豊富な当店さんたんで納得のいくまでプランを練りましょう 

ご相談ご提案させて頂きます。 プランや金額を確認し、疑問点や不安もきちんと解消させたら、いよいよ購入です 

納期の確認を行い施工に入る準備を致します。 図面を作製し、具体的な工事内容をご説明します。

 

 

④取付工事

 住宅の新築工事やリフォーム工事と同時に薪ストーブを設置する場合は、煙突のプランによって施工に入るタイミングが変わります。
工務店さんや設計士さんと当社とで事前に打ち合わせのうえ、施工日程を決めさせていただきます。

 薪ストーブさんたんでは、ストーブ本体・煙突の設置はもちろん、炉台工事や雨水対策まですべての工事を自社の管理下で行います。

    工事は最短1日から4日で完了となります。

 

 

      煙突についてはこちら

         ↓

      www.dutchwest.co.jp/howto/pipe/

 

  ④火入れ式・焚き方の指導

 薪ストーブに火が入る瞬間がやってきました。設置後すぐにお使いになりたい方はその日からお使いになれます。

記念すべき「火入れ式」です。

 初めて薪ストーブを使う際に気をつけなければならないのが【慣らし運転】です。
せっかく薪ストーブを設置したのだから、最初からガンガン燃やしたい!
という気持ちを抑えて、必ず慣らし運転を行って下さい。
熱に強い鋳鉄や鋼板でつくられている薪ストーブですが、冷えた状態から、急激に高温になるとダメージを受けて、最悪の場合は割れてしまうことも考えられます。
見た目には問題がなくても、素材の組織レベルでダメージを受けると、長く使っているうちに不具合が起こることも考えられます。

「慣らし焚き」をしながら、適切な使用方法やメンテナンスのご説明をさせて頂きます。

 

⑤薪ストーブライフスタート・メンテナンス

 

慣らし運転が終わったらもう大丈夫。憧れの薪ストーブライフのスタートです。

メンテナンスは、次のシーズンも快適で安全なストーブライフを送るための健康診断。煙突に付着した煤やタールの量は、負担をかけ過ぎた使い方をしていないかどうかを判断する目安になり、ストーブをより長持ちさせることにもつながります。

薪ストーブを安全に使うためには、ストーブ本体と煙突の保守点検&掃除が欠かせません。さんたんではメンテナンスまで含めたサポートを行っていますので気軽に相談してください。(ご自分で誰でも簡単にメンテナンスも伝授します。)
正しいメンテナンスがストーブの性能を維持し、安全でより暖かいストーブライフに繋がります。

日常のメンテナンスや定期点検など、安心してお使い頂けるようにしっかりとサポートいたします。

 


  ⑥薪ストーブの薪

 

薪のこと
薪となる木は、広葉樹(クヌギやコナラなど)針葉樹(杉やヒノキなど)の2種類に分類されます。
薪ストーブに針葉樹は燃やせないと思っている人がいますが、それは間違いです。どんな樹木でも
乾燥させてあればススはほとんど出ず、薪として使用できます。
一般的に密度の高い広葉樹は火持ちがよく、暖める力が高いのが特徴です。一方、針葉樹は広葉樹に比べ密度が低いため、薪割りがしやすく運搬も楽。
着火性が高いので熱量も高いので、焚きつけにぴったりです。針葉樹と広葉樹を混ぜて使用したり、用途に合わせて使い分けるといいと思います。
 広葉樹は堅木と呼ばれ、密度が高く、火持ちがよいのが特徴。
しっかりと乾燥させ、温度管理をしながら燃やせば、針葉樹と広葉樹を混ぜて使用しても問題ありません。
 樹種による性質を理解し、用途に合わせて上手に使用すれば、広葉樹も針葉樹も優れた燃料(薪)となります。
もちろん、熱効率の高いストーブであれば、薪の消費量も抑えられます。


薪づくり
作られた薪は割高です。一般的には丸太を購入して自分たちで薪を作ります。山から切り出された丸太。人の手がかけられていないので価格は安いです。
チェーンソーで玉切りした後 薪にする。薪用の丸太は森林組合、製材所 林業関係から購入することができます。
薪ストーブを使っている、ということを周りの人に知ってもらうと、いろんなところからの情報や、
また自宅の剪定枝を分けてくださるなど、とても助けになります。。
薪エネルギーは自給自足が理想です。

薪の含水率(薪の中に含まれる水分量)は20%以下を目安としています。伐ったばかりの木の含水率は50%を超える場合があります。
生の木は重量の半分が水なのです。そこから20%まで減らしていくことが大切です。

以下のことでいい薪を作ることができます。
①風通し
➁日光が十分にある場所で乾燥
③樹種に合った乾燥期間を設ける必要があります
針葉樹なら3ヶ月から半年、広葉樹は1年以上が望ましいでしょう。


乾燥が十分でないと、
①火がつきにくい
➁温度が上がりにくく、暖かくならない
③水分を含んだススが煙導内に付着し、煙突を詰まらせる原因となる
④煙が大量に発生し、臭いの原因となる



必要な薪の量
温度や燃焼時間を調節するために、大きく分けて3種類を用意します。
薪を使い分けることで、薪ストーブの温度や燃焼時間を調節しやすくなります。

■ 焚き付け用の細い薪
■ 中くらいの薪
■ 長い時間燃やす為の太い薪


大体一日で2~3束(1束6本~10本)程度は使います。
2~3束/1日 →60~90束/ひと月 →240~360束/1シーズン

 

さんたんではオーナー様限定の薪割り会を年に数回開催し みなさんで薪割りを楽しみ

お持ち帰り頂くイベントを開催しております。

 

  薪ストーブのある暮らしを楽しむ

 

部屋を暖めてくれた薪ストーブに、もう一役。
薪ストーブの大きな魅力の一つは、家の中を暖めながら料理もできること
薪ストーブ料理の中でも、天板(ストーブトップ)を使った料理では パエリアなどもできます。
天板料理は、直火ではなく熱伝導によって温まるため煮込み料理などに最適!
時間をかけて煮込んでも焦げ付きにくいので、鍋やスープ、シチューなどが簡単に美味しく作れます!
少し慣れてくれば、炉内 でのオーブン料理 ダッチオーブンを使っての肉料理・魚料理・ケーキ・ピザなど楽しめます。

薪ストーブがあれば、やってみたいのが薪ストーブ料理ではないでしょうか?

薪ストーブの暮らしを更に楽しむことができます。

さんたんではオーナー様限定で薪ストーブクッキング教室を年に数回開催しております。