ノルウェーのクリーンバン燃焼ストーブ「ヨツール」

ノルウェーのストーブ「ヨツール」を施工いたしました。
クリーンバン燃焼のストーブです。

こちらのオーナーさまは、7、8年前にバイパスダンパー付きの薪ストーブを設置させて頂きました。
バイパスダンパーのあるストーブは、バイパスダンパーを開けておくと、着火の時の不安定な燃焼がパワーアップして、早く安定した燃焼になります。
ダンパーのガッチャンの手間がカッコイイのですが、毎回薪を投入する時の操作などで壊れることもあり、メンテナンスが必要になったりします。

今回は、炉内のレンガのヒビと穴。
修理するよりも着火の手間のないストーブにしたい!炎が綺麗なストーブがいい!
とのこで。ヨツールのF500となりました。

以前のストーブよりも炉内の横幅も奥行きも高さもバランスがよくて、大きいストーブなので薪の効率が良く焚くことができます。またこのゴシック調の格子が高級感を引き立たせてくれます。

設置してすぐに火入れ式をしました。
8年のベテランさん。 
着火剤なんて使わないー!と(さすが!)
着火には割り箸を大量にお持ちでした。(飲食店のお知り合いがいらっしゃるとか)新聞をくるくるって、3個ほど投入して割り箸をドバーとおいて、大薪を投入して 新聞紙に火をつける!あっという間に着火🔥お見事でした(拍手)

そして、そして8年前に一緒に来店下さった少年が青年になって大人の顔になってました。
感慨深いです。ありがとうございました。